【品詞分解】中納言参り給ひて(『枕草子』より)

枕草子_中納言参り給ひて 高校古典
【原文・現代語訳】中納言参り給ひて(『枕草子』より)
(1)中納言参り給ひて、…… 原文 ①中納言参り給ひて、御扇奉らせ給ふに、 ②「隆家こそいみじき骨は得て侍れ。 ③それを張らせて参らせむとするに、おぼろけの紙はえ張るまじければ、求め侍るなり。」と申し給ふ。 ④「いかやうにかある。」...

(2)かやうのことこそは、……

① かやうのことこそは、かたはらいたきことのうちに入れつべけれど、
このようなことは、きまりが悪いことのなかに加えてしまうべきだけれど、

かやう=[形動]ナリ「かやうなり」
=[格助]連体修飾格
こと=[名]
こそ=[係助]強意(結びの語:消滅)
=[係助]主題の提示
かたはらいたき=[形]ク「かたはらいたし」体
こと=[名]
=[格助]連体修飾格
うち=[名]
=[格助]動作の対象
入れ=[動]ラ下二「入る」用
=[助動]強意「つ」止
べけれ=[助動]当然「べし」已
=[接助]逆説の確定条件

② 「一つな落としそ。」と言へば、いかがはせむ。
〔人々が〕「一つも書き落としてくれるな。」と言うので、どうしようか。いや、どうしようもない〔ので書いた〕。

一つ=[名]
=[副]
落とし=[動]サ四「落とす」用
=[終助]禁止
=[格助]引用
言へ=[動]ハ四「言ふ」已
=[接助]原因・理由
いかが=[副]
=[係助]強意
=[動]サ変「す」未
=[助動]推量「む」体
タイトルとURLをコピーしました