2020-10

高校古典

【品詞分解・解説】丹波に出雲といふ所あり(『徒然草』より)

現代語訳と品詞分解の読み方・凡例はこちら。 ① 丹波に出雲といふ所あり。 丹波の国に出雲というところがある。 丹波=[名] に=[格助]場所 出雲=[名] と=[格助]引用 いふ=[動]ハ四「いふ」体 所=[名]...
高校古典

【原文・現代語訳】丹波に出雲といふ所あり(『徒然草』より)

原文 ①丹波に出雲といふ所あり。②大社を移して、めでたく作れり。③しだのなにがしとかやしる所なれば、秋のころ、聖海上人、そのほかも、人あまた誘ひて、④「いざたまへ、出雲拝みに。かいもちひ召させん。」とて、⑤具しもて行きたるに、おのおの...
高校古典

【原文・現代語訳】つれづれなるままに(『徒然草』より)

原文 ①つれづれなるままに、日暮らし硯に向かひて、②心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、③あやしうこそものぐるほしけれ。 現代語訳 ①手持ちぶさたなのにまかせて、一日中硯に向かって、②心に〔浮かんだり...
高校古典

【品詞分解・解説】つれづれなるままに(『徒然草』より)

現代語訳と品詞分解の読み方・凡例はこちら。 ① つれづれなるままに、日暮らし硯に向かひて、 手持ちぶさたなのにまかせて、一日中硯に向かって、 つれづれなる=[形動]ナリ「つれづれなり」体 ままに=[連語] 日暮らし=[...
高校古典

【品詞分解・解説】東下り(『伊勢物語』より)

現代語訳と品詞分解の読み方・凡例はこちら。 (1)昔、男ありけり。…… ① 昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして、京にはあらじ、東の方に住むべき国求めにとて行きけり。 昔、男がいた。その男は、〔自分の〕身を役に...
高校古典

【原文・現代語訳】東下り(『伊勢物語』より)

(1)昔、男ありけり。…… 原文 ①昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして、京にはあらじ、東の方に住むべき国求めにとて行きけり。②もとより友とする人、ひとりふたりして行きけり。③道知れる人もなくて、惑ひ行きけり。④三河...
高校古典

【品詞分解・解説】芥川(『伊勢物語』より)

現代語訳と品詞分解の読み方・凡例はこちら。 (1)昔、男ありけり。…… ① 昔、男ありけり。女のえ得まじかりけるを、年を経てよばひわたりけるを、からうじて盗み出でて、いと暗きに来けり。 昔、男がいた。女で、〔男が〕妻にできそう...
高校古典

【原文・現代語訳】芥川(『伊勢物語』より)

(1)昔、男ありけり。…… 原文 ①昔、男ありけり。女のえ得まじかりけるを、年を経てよばひわたりけるを、からうじて盗み出でて、いと暗きに来けり。②芥川といふ川を率て行きければ、草の上に置きたりける露を、「かれは何ぞ。」となむ男に問ひ...
高校古典

【品詞分解・解説】児のそら寝(『宇治拾遺物語』より)

現代語訳と品詞分解の読み方・凡例はこちら。 (1)今は昔、比叡の山に児ありけり。…… ① 今は昔、比叡の山に児ありけり。今となっては昔のことだが、比叡山の延暦寺に児がいた。 今は昔=[連語]比叡の山=[...
高校古典

【原文・現代語訳】児のそら寝(『宇治拾遺物語』より)

(1)今は昔、比叡の山に児ありけり。…… 原文 ①今は昔、比叡の山に児ありけり。②僧たち、宵のつれづれに、「いざ、かいもちひせん。」と言ひけるを、この児、心よせに聞きけり。③さりとて、し出ださんを待ちて寝ざらんも、わ...
タイトルとURLをコピーしました