【原文・書き下し文・現代語訳】借虎威(『戦国策』より)

戦国策_借虎威 高校古典
【句形・解説】借虎威(『戦国策』より)
① 虎求百獣而食之、得狐。 下:虎百獣を求めて之を食らひ、狐を得たり。 訳:虎が獣たちを探し求めては食べ、〔あるとき〕狐をつかまえた。 之=百獣(獣たち) ② 狐曰、「子無敢食我也。 ...

原文

戦国策_借虎威_02

①虎求百獣而食之、得狐。②狐曰、「子無敢食我也。③天帝使我長百獣。④今子食我、是逆天帝命也。⑤子以我為不信、吾為子先行。⑥子随我後観。⑦百獣之見我、而敢不走乎。」⑧虎以為然。⑨故遂与之行。⑩獣見之皆走。⑪虎不知獣畏己而走也。⑫以為畏狐也。

 

書き下し文

①虎百獣を求めて之を食らひ、狐を得たり。②狐曰はく、「子敢へて我を食らふこと無かれ。③天帝我をして百獣に長たらしむ。④今子我を食らはば、是れ天帝の命に逆らふなり。⑤子我を以つて信ならずと為さば、吾子の為に先行せん。⑥子我が後に随ひて観よ。⑦百獣の我を見て、敢へて走げざらんや。」と。⑧虎以つて然りと為す。⑨故に遂に之と行く。⑩獣之を見て皆走ぐ。⑪虎獣の己を畏れて走ぐるを知らざるなり。⑫以つて狐を畏ると為すなり。

 

現代語訳

①虎が獣たちを探し求めては食べ、〔あるとき〕狐をつかまえた。②狐が言うことには、「あなたは決して私を食べてはいけません。③天帝が私を獣たちの王にならせたのです。④もしいまあなたが私を食べるならば、それは天帝の命令に背くことになります。⑤あなたが私のことを本当でないと思うならば、私はあなたのために〔あなたの〕前に立って歩きましょう。⑥あなたは私のうしろについてきて、〔その様子を〕見なさい。⑦あらゆる獣が私を見て、どうして逃げないことがありましょうか、いや、必ず逃げます。」と。⑧虎は〔狐の言うことを〕もっともだと思った。⑨そこでそのままこれ(=狐)と一緒に歩いた。⑩獣たちはこれ(=狐といっしょに虎が歩いているの)を見てみな逃げた。⑪虎は獣たちが自分をおそれて逃げたことに気がつかなかった。⑫〔虎は獣が〕狐をおそれているのだと思った。

 

タイトル一覧にもどる

タイトルとURLをコピーしました