【品詞分解】帰京(『土佐日記』より)

土佐日記_帰京 高校古典
【原文・現代語訳】帰京(『土佐日記』より)
(1)京に入り立ちてうれし。 原文 ①京に入り立ちてうれし。②家に至りて、門に入るに、月明ければ、いとよくありさま見ゆ。③聞きしよりもまして、いふかひなくぞこぼれ破れたる。④家に預けたりつる人の心も、荒れたるなりけり。⑤「中垣こそあ...

現代語訳と品詞分解の読み方・凡例はこちら

(1)京に入り立ちてうれし。

① 京に入り立ちてうれし。
都に入って嬉しい。

=[名]
=[格助]動作の帰着点
入り立ち=[動]タ四「入り立つ」用
=[接助]単純な接続
うれし=[形]シク「うれし」止

② 家に至りて、門に入るに、月明ければ、いとよくありさま見ゆ。
家に着いて、門に入ると、月が明るいので、たいそうよく〔家の〕様子が見える。

=[名]
=[格助]動作の帰着点
至り=[動]ラ四「至る」用
=[接助]単純な接続
=[名]
=[格助]動作の帰着点
入る=[動]ラ四「入る」体
=[接助]単純な接続
=[名]
明けれ=[形]ク「明し」已
=[接助]原因・理由
いと=[副]
よく=[形]ク「よし」用
ありさま=[名]
見ゆ=[動]ヤ下二「見ゆ」止

③ 聞きしよりもまして、いふかひなくぞこぼれ破れたる。
聞いていた以上に、言いようもないほど壊れ、傷んでいる。

聞き=[動]カ四「聞く」用
=[助動]過去「き」体
より=[格助]比較の基準
=[係助]同趣の一つ
まし=[動]サ四「ます」用
=[接助]単純な接続
いふかひなく=[形]ク「いふかひなし」用
=[係助]強意(結びの語:たる)
こぼれ=[動]ラ下二「こぼる」用
破れ=[動]ラ下二「破る」用
たる=[助動]存続「たり」体

④ 家に預けたりつる人の心も、荒れたるなりけり。
〔留守の間に〕家を預けておいた人の心も、すさんでいるのだったよ。

=[名]
=[格助]動作の対象
預け=[動]カ下二「預く」用
たり=[助動]存続「たり」用
つる=[助動]完了「つ」体
=[名]
=[格助]連体修飾格
=[名]
=[係助]同趣の一つ
荒れ=[動]ラ下二「荒る」用
たる=[助動]存続「たり」体
なり=[助動]断定「なり」用
けり=[助動]詠嘆「けり」止

⑤ 「中垣こそあれ、一つ家のやうなれば、望みて預かれるなり。」
「中垣はあるけれども、一つの家のようなので、〔先方から〕希望して預かったのである。」

中垣=[名]
こそ=[係助]強意(結びの語:あれ)
あれ=[動]ラ変「あり」已
一つ家=[名]
=[格助]様子・状態
やうなれ=[助動]比況「やうなり」已
=[接助]原因・理由
望み=[動]マ四「望む」用
=[接助]単純な接続
預かれ=[動]ラ四「預かる」已
=[助動]完了「り」体
なり=[助動]断定「なり」止

⑥ 「さるは、たよりごとに、ものも絶えず得させたり。」
「そうはいうものの、機会があることに、〔お礼の〕品物も欠かさず与えていた。」

さるは=[接]
たよりごと=[名]
=[格助]時
もの=[名]
=[係助]同趣の一つ
絶え=[動]ヤ下二「絶ゆ」未
=[助動]打消「ず」用
=[動]ア下二「得」未
させ=[助動]使役「さす」用
たり=[助動]完了「たり」止

⑦ 「今宵、かかること。」と、声高にものも言はせず。
「今夜、こんな〔ひどいありさまだ〕こと。」と、〔みなに〕大声で言わせるようなことはしない。

今宵=[名]
かかる=[動]ラ変「かかり」体
こと=[名]
=[格助]引用
声高に=[形動]ナリ「声高なり」用
もの=[名]
=[係助]同趣の一つ
言は=[動]ハ四「言ふ」未
=[助動]使役「す」未
=[助動]打消「ず」止

⑧ いとはつらく見ゆれど、こころざしはせむとす。
たいそうひどいと思われるが、お礼はしようと思う。

いと=[副]
=[係助]強意
つらく=[形]ク「つらし」用
見ゆれ=[動]ヤ下二「見ゆ」已
=[接助]逆接の確定条件
こころざし=[名]
=[係助]区別
=[動]サ変「す」未
=[助動]意志「む」止
=[格助]引用
=[動]サ変「す」止

タイトル一覧にもどる

タイトルとURLをコピーしました